--------------------------- ----------------------------

合格する子、させる親#26

進学塾の算数カリキュラムは、5年生から急激に難易度が増します。塾の新年度は2月からとなっているため、小4の冬休みは、難化する算数に向け準備のできる最後のまとまった時間と言えるかもしれません。
そこで今回は、小4の冬休みに冬期講習の塾の宿題以外で、どんなことに取り組んでいたのか、偏差値60以上の進学校に合格された方100人に聞いてみました。

 

①計算力の強化

・基本的な問題がスムーズに理解出来るよう毎日必ず、小数分数までの四則計算の反復練習を続けた。Fさん

・割合や比は、さまざまな分野に影響を及ぼす単元なので、考えなくてもできるという所までやり込みました。Oさん

 

②既習分野の知識、公式など基本事項の忘れをなくしておく

・やり方で覚えてしまっていたために、時間が経ってできなくなっていた部分がありました。冬休みは時間があったので、なぜそうなるのかを理解し直すようなやり方で復習をしました。
自宅での勉強の仕方を見直す良い機会にもなりました。Yさん

 

③図を書いて考える習慣、図に書き込んで考える習慣の徹底

・問題文が長くなり、より多くの条件がつくと、息子は図を書き自分なりに整理するようになったので、私はなぜその解法に気付いたのかを声掛けして説明させていました。Hさん

・図を書いたりその図に数字等を書き込み問題の内容を可視化することで頭の中だけで考えることがなくなりミスも減った。Sさん

 

中学受験を控える皆さんにとって、少しでも参考になりますように。